夏バテ、熱中症にご注意ください | 土日も診療交通事故むち打ち症産後骨盤矯正治療なら東大阪市永和くわじま整骨院

TEL
MENU

Blog記事一覧 > 整骨院 > 夏バテ、熱中症にご注意ください

夏バテ、熱中症にご注意ください

2012.06.18 | Category: 整骨院


梅雨晴れというのか今日はとっても天気が良いです(*^_^*)

しかし、蒸し暑い;(

私は、暑いのが大っ嫌いです。。だから、ず~っと「あつい、あつい、あつい、あつい。」と言っています。

そして、院長に怒られます。「暑いのは仕方ないやんか。うるさいなあ」と・・・・・ ごめんなさい(+o+) でも暑いねんもん。と心の中でつぶやいています。笑

え~っと、本題です!!! 湿度の高い日は熱中症にご注意ください。 

  

 

なぜか??というと、 汗をうまく排出できなくなり、体内に熱がこもってしまって、体温を下げることができなくなるからなのです。

これが一番怖いんです!!

 

湿度の高い時は運動は避けて下さい。

けどー、どうしてもという方は水分補給を十分に採ってください。

 

          

 

運動時における水分補給の注意点としては、

熱中症は室内にいてもなります。 湿度が高いと行き版危険です。室内にいると油断しがちになりますので、小まめに水分補給をしましょう♪

 

水分補給はただ、お水を飲むだけではなく、塩分とナトリウム(糖分)の含まれたものをお飲み下さい。 汗と同時に体内の塩分も一緒に出ていってしまいます。体内の塩分が失われている状態で、水だけを飲むと、血液の塩分濃度が薄まり、それ以上水が欲しくなくなります。同時余分の水分を尿として排泄し、その結果体液の量は回復できなくなります。この状態で運動を続けると運動能力が低下し、また、体温が上昇して、熱障害の原因となるのです:(

ですので、市販のスポーツドリンクを飲んでいただくか、自分で作って頂く場合は、1リットルの水にティースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖をお好みで数個溶かして作ったものでもOKです

 

体温を下げるには濡れタオルを脇の下、鼠径部(足の付け根)、首の後ろ側にあてると良いです☆

当院へのアクセス

くわじま整骨院

        
所在地〒577-0809 大阪府東大阪市永和2-2-29
電話番号 06-6722-9810
駐車場提携駐車場有。収容数4台(サービス券をお渡しします。)
ご予約完全予約制
院長桑島 悠希
近鉄河内永和からの道順はこちら↓↓